九星気学、タロット占い、易経を活用した成功法則とお金も愛も手に入れる通信講座の数々

タロットリーディング動画講座【力編】

月森 由奈
WRITER
この記事を書いている人 - WRITER -
月森 由奈
年間3000人の鑑定を元に、鑑定データを整理。 タロット占い、 九星気学、ホラリー九星術、周易を教える講師として、経営者様、起業を目指す方に売上をUP風水コンサルティングを行なっております。

力の読み方をはじめから動画講座で丁寧に解説!

月森です、

タロットカード 大アルカナ 8番 力(ストレングス)

のカードの解説をしていきます。

 

力の世界観

8番の「ストレングス」は
「力」と訳されます。

力のカードは人との
関わり方を教えてくれます。

たとえば、
一見どんなに気が強そうで、
意地悪そうに見える相手でも、
相手のことを知ろうとして、
相手の望んでいることを
理解しようとすれば、
心が通って仲良くなれますね。

それは恋でも同じです。

どんなに釣り合っていないと
思える相手でも、時間をかけて、
相手の望んでいることを、愛情深く
与え続ければ、必ず必要とされる存在になれます。

これは、例えて言うなら、
月9のドラマ、コードブルー3の
藤川先生がフライトナースの
冴島さんを待ち続けて実った愛
がそうです。

シンボリックリーディング

早速シンボルを見ていきましょう。

赤い「ライオン」は、
抑圧された感情を表します。

ここでお話しする
抑圧された感情とは、
怒りや不満、ネガティブな気持ち、
肉体的な欲望のことです。

7番の戦車のカードにも、
スフィンクスが善と悪、
自分の中の天使と悪魔と対話して
短期的欲望のコントロールをすることが
成功の鍵だというお話をしました。

8番の力のカードのライオンは、
主には感情的な本能を表しています。

それぞれの違いに着眼して下さい。

8番が「女性的な優しい力」で、
7番が「男性的な力」ですね。

この絵柄はどういうことかというと、

「優しさと根気強い愛情があれば、
どんな手強い相手でも手なづけられる」

ということを表しています。

相手に対して、やさしさを持って
受け入れて包み込むように接することで、
最終的には勝つという「受容的な力」です。

たとえば、思春期に
どんなに反抗しても成長を
温かく見守り、待ち続けてくれる
母親の無償の愛のイメージに近いですね。

頭に無限マークの
「レミニスケート」が
描かれています。

これは、優しく相手を
受け入れる力があるということ
そのものが、無限の可能性を
秘めているということを表します。

「7番」が
「挑戦し続けることでの勝利」のカードで
「8番」は「信念と愛を貫くことでの勝利」
のカードです。

相手に対して勝つときに、
戦って勝ってもいいし、相手の言い分を
よく聞いて向こうの願いをまず叶えてあげて、
優しく待って、時間をかけて導いても「勝ち」です。

たとえば、旦那さんが不倫していた時に、
冷静に証拠を取っておいて裁判で闘うのが
7番の戦車のカードが示すような男性的な戦いで勝つ方です。

逆に、不倫が発覚した時でも、
一切責めずに、優しく根気強く接し続けて、
旦那さんが困った時とか辛い時には、
世界で一番の味方になって支え続けて、
毎日美味しいご飯を作って、
安心して眠れる場所を作ってあげる
奥さんになれば

「自分はこんな良い奥さんがいるのに何て酷いことをしてしまったんだ..これからはもっと大事にしよう」

と自然に思ってもらいながら、
浮気を防ぐのが8番の力のカードが示す女性的な勝ち方です。

カードを見てください。

この女性はライオンを殺そうとしていません。

もし戦車のカードの王子なら、
ライオンを殺すでしょう。

でも、力カードは、
ライオンを優しく手なづけています。

相手を受け入れる優しさで心の拠り所となるから、猛獣でも心を開くのですね。

 

8という数字が表す意味

そして、数字の「8」は「4+4」ですね。

正方形とひし形を二つ合わせた八芒星は、
完成されたもの同志を調和させたもので、
幸せを呼び込むと言われています。

それだけではなく、4には「支配」、
「帝国」という意味がありましたから、
2つの帝国を1つにまとめるには色々な
折り合いをつける必要があり、
相当な忍耐力が必要ですから、
「忍耐」というキーワードにもつながります。

もう1つ、「8」は「5+3」でもありますね。

5の教皇の精神性に、
3の女帝の調和という意味が加わるので、
「精神的な気づきを促すアプローチで調和する」ということです。

これが8という数字が示す意味ですね。

力が正位置で出た時の読み方

正位置が出た場合は、

 

・相手に対して優しくしましょう

・忍耐強く取り組めば、成功する

・不安や恐怖を受け入れ、対話し、根気強く信念を持って関わり続ければ、願った通りに進む

 

..など、「やさしい方が勝ち、
忍耐強く受け入れたほうが上手くいく」
という読み方をします。

 

力が逆位置で出た時の読み方

力のカードが逆位置が出た時は、

 

・感情的になって負ける

・物事がうまくいかなくなる

・怒りでトラブル

・我慢が足りない

 

..などと読みます。

 

たとえば、恋愛でいうと、
「本当は彼に自分の気持ちをわかって欲しいのに、わかってもらえなくてヒステリーを起こして、面倒な女と思われて、振られてしまう」というケースが当てはまります。

とか、結構このカードの逆位置というのが、恋愛で出ることが多いです。

 

力のカードが正位置で出た時の相手の気持ち

 

 

・全てを受け入れたいと思う

・諦めたくない

・仲直りしたい

・優しい人だなぁ

・安心するなぁ

 

などと読みます。

 

力のカードが逆位置で出た時の相手の気持ち

 

 

・なんか気乗りしないな

・自分をうまく出せないな

・一緒にいると(感情的だから)疲れるな

・この人のことはもう諦めようかな

 

 

などと読みます。

 

相談者さんへのアドバイス

逆位置が出た時のアドバイスとしては、

 ・どうして怒ってしまうのか?

・なぜ、感情をぶつけて、どうにかしようとしてしまうのか?

・きちんと不安や恐怖と向き合っているのか?

..などを考えると、解決の糸口が見えてきます。

 

まとめ

 

このカードは「最後に愛が勝つ」ということを教えてくれるカードです。

真の愛は、多くの試練を乗り越えて育つものです。

おままごとの恋ではなく、本当の愛に触れたいならまず、まず無償の愛で相手を受け入れること、自分から相手に与えることが必要です。

「愛されたい」という思いが、「愛したい」に変わった時、恋が愛に昇華していきますよ。

次回は、ハーミット・隠者のカードの解説をしていきます。

女教皇の時よりは読み方は簡単なんですけど、シンボルを交えて、どう読むのかお伝えしていきますので楽しみにしていただければと思います。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

メールマガジン
この記事を書いている人 - WRITER -
月森 由奈
年間3000人の鑑定を元に、鑑定データを整理。 タロット占い、 九星気学、ホラリー九星術、周易を教える講師として、経営者様、起業を目指す方に売上をUP風水コンサルティングを行なっております。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA