九星気学、タロット占い、易経を活用した成功法則とお金も愛も手に入れる通信講座の数々

時間の九星早見表

月森 由奈
WRITER
この記事を書いている人 - WRITER -
月森 由奈
年間3000人の鑑定を元に、鑑定データを整理。 タロット占い、 九星気学、ホラリー九星術、周易を教える講師として、経営者様、起業を目指す方に売上をUP風水コンサルティングを行なっております。

こんにちは、月森です。

ホラリー九星術(日盤鑑定、四盤掛け、五盤掛け【完全オリジナル理論】)

に使用する「時の九星早見表」を無料で提供します。

恐らく、時の九星早見表は
高額の専門書にしか
掲載されないものでしょう。

二盤〜五盤掛け鑑定のもの、
お水取りに使用していきましょう!

時の九星早見表
















←陰遁
夏至(6月下旬~)
 陽遁⇒
冬至(12月下旬~)















 子 午後11:00~午前1:00
 丑 午前1:00~午前3:00
 寅 午前3:00~午前5:00
 卯 午前5:00~午前7:00
 辰 午前7:00~午前9:00
 巳 午前9:00~午前11:00
 午 午前11:00~午後1:00
 未 午後1:00~午後3:00
 申 午後3:00~午後5:00
 酉 午後5:00~午後7:00
 戌 午後7:00~午後9:00
 亥 午後9:00~午後11:00

 

時破の出し方

時破(時間盤の破壊殺)の出し方は簡単で、
十二支の時刻の反対側が時破(じは)です。

たとえば、上の写真の通り
子の刻(午後11:00~午前1:00)の時破は、

真反対の午になります

卯の刻(午前5:00~午前7:00)の場合、
時破は、西の酉にかかります。

酉の刻(17:00~19:00)の場合、
時破は、東の卯にかかります。

ホラリー九星術の場合は
ここまで知っていれば大丈夫です。

でも、お水取り、お土取り、玉埋めの場合、
日本国内での時差には十分に注意して下さい。

東京で+約20分の時差があります。

時差表についての詳細はこちらの記事をご覧ください。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

メールマガジン
この記事を書いている人 - WRITER -
月森 由奈
年間3000人の鑑定を元に、鑑定データを整理。 タロット占い、 九星気学、ホラリー九星術、周易を教える講師として、経営者様、起業を目指す方に売上をUP風水コンサルティングを行なっております。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA