九星気学、タロット占い、易経を活用した成功法則とお金も愛も手に入れる通信講座の数々

タロット鑑定のリピート率を3倍UPさせる四大元素アドバイスとは

月森 由奈
WRITER
この記事を書いている人 - WRITER -
月森 由奈
年間3000人の鑑定を元に、鑑定データを整理。 タロット占い、 九星気学、ホラリー九星術、周易を教える講師として、経営者様、起業を目指す方に売上をUP風水コンサルティングを行なっております。

タロット鑑定のリピート率を3倍UPさせる四大元素アドバイスとは

こんにちは、月森です。

「タロット鑑定のリピート率を3倍UPさせる四大元素アドバイス」

の秘密をお話をしていきます。

陰と陽の本質

早速ですが、『陰と陽』と書いてください。

四大元素に陰と陽という概念も組み入れて考えていくとさらに深くなっていきますよ。

四大元素について忘れてしまった人は、こちらで復習しておいてくださいね。

たとえば東洋的な思想で光と影だったり、表と裏だったり、ネガティブとポジティブのような陰陽というものがあります。

さっきのエレメントも陰陽に分けて考えられるんですね。

たとえば炎に関しては男性のエネルギーです。

だから太陽(この地球上で最強の火=太陽)に当たるという感じですね。

これもいろんな文化で
考え方とか振り分け方が違うんですが、
ベーシックな話としてお伝えしていきますね。

九星気学の講座でも陰陽五行の話をしてるんですけど、タロットって書くと見るのに九星気学って書いた瞬間からみんな難しいって感じるのか見なくなっちゃうんでね(笑)

九星気学は開運もできて、
実際、奇跡的なこともあって、
鑑定を受けた後の喜びの声は多いです。

組み合わせが大事ですね。

タロット身につけたらぜひ、
命術として気学か西洋占星術を
身につけてほしいです。

で、話を戻すんですけど。

とにかく炎というのは陽というか、強い光の部分というか。

陰と陽で言うと、陽が男性エネルギーと言われていて陰が女性ですよね。

炎と言うと一番ぱっと思うのが太陽ってあると思うんですよね。

太陽は、炎の塊、エレメント的には火ですよ。

やっぱり太陽は父、お父さんみたいな熱いものですよね。

父なる太陽みたいな感じです!

浜口京子さんのお父様の

「気合だぁ!気合だぁ!気合ダァ!」

なんか、もう火のエネルギーそのものですね。

ずっとあんな感じだと嫌ですけど、
ある局面では絶対必要みたいなイメージです。

逆に母なる大地って言いますよね。

だから大地は陰に含まれるというか、
女性エネルギーが強いものなんですよね。

父なる太陽って言ったら、
要所要所で出るときは出てきて、
逆に引っ込んでくれるときもあるって感じです。

でも大地ってずっと、常にそこにあるものですよね。

アーシングの一つで、大
地に横になるというのは心が落ち着くんですね。

お母さんって、なんでも受け入れてくれるから安心しますよね。

辛い時、お母さんにずっとそばにいて欲しいですよね。

だから母なる大地と言います。

陰と陽で考えてもそういうふうに、
火はお父さんの要素があって、
男性的なエネルギーでポジティブです。

ポジティブは「いい」という意味でネガティブだと「悪い」という意味に捉えらえるんですけど、そうではなくてもっとニュートラルな考えなんですね。

大地は、どんなものでも受け入れる女性的なエネルギーですよね。

しかも、作物を育てるエネルギー。

育てる力は女性の特権です。

火↑、土↓、水↓、風↑。

上向きのシンボルは男性エネルギーですよね。

陰と陽だったら陽に当てはめることができます。

そして下向きのシンボルのものは女性エネルギー。

陰のパワーです。

ちょっとひんやりしているイメージです。

それで土と水に関しては女性エネルギーが強くて、陰ですよね。

とにかく下に向かおうとするわけです。

水も前回の講座でもお伝えした通り下に向かおうとします。

まず、雨っていうのは、上から下に降ってきますし、川も上に上がっている川とかもないですし、滴とかも必ず下に向かう法則がありますよね。

重力に逆らわず、重力に従うのが土、水のエネルギーですね。

すべてがやっぱり下に向かうんですよね。

大地と水というのはとにかく下に向かう女性エネルギーで受け入れる力です。

逆に火と風は上に向かおうとするエネルギーで、受け入れるの真逆だから、放出するエネルギー、男性的なエネルギーということになりますね。

この4つのシンボルとその方向性とかもそうですし、そして陰と陽ということを念頭においてタロットカードが言わんとしていることが詳しくわかるようになっていきますよ。

やっぱり、シンボルなのでいろんな意味が含まれているから、答えが見つけやすいんですよね。

だから私も、鑑定して相談者さんの話を聞いて、そこでやっぱり水の話をする人が多いなと思ったら、この人は水が過剰になっているのか不足しているかどっちかなんですよね。

愛情不足、愛情が過剰になって自己愛が強くなりすぎているとか色んな連想はできますよね。

しかもそれがカードにも現れるから面白いです。

カードに現れること、話すこと、
両方で判断していけば、
深い鑑定ができるようになるんですね。

そこから発展させて、
陰の力が強すぎるから
陽の風と太陽の力を使おうとか、
アドバイスに使えるわけですね。

そういうふうにしてバランスをとるということなんです。

タロットカードで四大元素の
バランスを見れば、食べ物でも
何を取り入れれば良いかとか、
健康系のアドバイスにも使っていけるわけです。

面白いですよね。

まとめ


四大元素を陰陽に分けただけでも、深い鑑定ができます。

話の中で

「火の要素が強すぎる」

とわかったときには「水、土」を足す必要が出てくるわけですね。

次回は、四大元素を健康に生かす方法についてお話ししていきます。

この方法を知れば、永遠のテーマである健康へのアドバイスもタロットと元素の組み合わせで深いものができるようになります。

ただし、病気鑑定は初心者のうちは控えたほうが無難です。

条件として、主治医の許可を得ていること、あくまで占い的にそう出ているという形にしないと後々トラブルになりますので要注意です。

法的なことも絡めてあまり病気占はお勧めしません。

あと、精神疾患、メンタル不調の方も鑑定を受けることはお断りした方が無難です。

その理由はプロ講座でお伝えしていきます。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

メールマガジン
この記事を書いている人 - WRITER -
月森 由奈
年間3000人の鑑定を元に、鑑定データを整理。 タロット占い、 九星気学、ホラリー九星術、周易を教える講師として、経営者様、起業を目指す方に売上をUP風水コンサルティングを行なっております。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA