九星気学、タロット占い、易経を活用した成功法則とお金も愛も手に入れる通信講座の数々

九星気学講座 後天定位の覚え方と九星の回り方

月森 由奈
WRITER
この記事を書いている人 - WRITER -
月森 由奈
年間3000人の鑑定を元に、鑑定データを整理。 タロット占い、 九星気学、ホラリー九星術、周易を教える講師として、経営者様、起業を目指す方に売上をUP風水コンサルティングを行なっております。

九星気学動画講座 後天定位の覚え方と九星の回り方

こんにちは月森です。

九星気学動画講座Lesson7補足

「後天定位の覚え方と九星の回り方」

についてお話していきます。

九星の回り方

9つの星には運動法則があります。

中国では、天に9つの部屋、九宮(きゅうぐう)があって、
その中を9つの星それぞれが一定法則の通りに動いて、
循環すると考えられてきました。

これを「遁甲(とんこう)する」といいます。

だから、これを「遁甲盤(とんこうばん)」と言うんですね。

一白水星から九紫火星までの星は、
毎年その循環年の節分·立春(二月四日)を境目として、
時々刻々、一定の法則によって変化し、
九星の在所が動き、十年目にまた元の位置に戻ってきます。

よく「十年ひと昔」というのは
こんなところに起因しているんですね。

九星の動き方は、たとえば、
2017年一白水星が中央にあり
2018年は九紫中宮の年で、
一白水星が中央から出て、
右下の西北に移り、
2019年になると、右下の西北から
右の西に移り中央には八白土星が入ります。

この運動法則は次のようになります。

何度も見て、書いて練習して覚えてくださいね。

後天定位暗記用ワークシートはこちらをクリック!

70歳の方でも30回書けば、覚えられますよ。

 

後天定位とそれぞれの星の作用

後天定位を見て下さい。

一白水星は北にあり、
季節は冬、12月です。

この時期はまだ地上に草木が出ないので準備の時になります。

八白土星は東北、
冬から春にかける1月〜2月で発芽し、
やっと地上に出た時です。

三碧木星は東にあり、
三月で草木は双葉の頃です。

四緑木星は東南に
ようやく草木の形が整い、
活力が旺盛となり、温暖な季節。

九紫火星は南にあり、6月で開花繁盛の極となります。

二黒土星は西南、7月〜8月で果実が実り、美味くなる頃です。

七赤金星は西で9月の秋で収穫を喜ぶ、楽しい祭りの時。

六白金星は西北10月〜11月の晩秋で
木の葉は落ち、厳しい冬をこれから迎えます。

これは植物の種が発芽し、繁栄し、
落葉する自然の過程を後天定位に
あてはめてみたものです。

後天定位と成功者の人生

私たちの人生を九星の運動法則にあてはめてみると…

北の一白はものの始め、創始期、
計画している時とみます。

西南の二黒土星は、結実の時期であるから、
真面目にコツコツ労働をし、
目標達成に向けて自分のスキルを磨き、
努力を継続する時です。

東の三碧は世に出て、発展·進出させる時です。

東南の四緑木星は春の盛りで、
やっと信用を得て、努力が実を結んで、
社会的によい地位につき、世間に認められて有名になるときです。

中央の五黄土星は、中宮となって
最初に決めた分野での中心的な存在となります。

六白金星は晩秋で西北にあって、
仕事も完成を迎え経済的にも豊かになり
苦労・尽力などを慰めて、感謝する時期です。

七赤金星は仕事の成果を悦び、
趣味も充実してきますが、
色情も濃くなる恐れがあります。

八白土星は冬より春に移る陰陽の変わり目にあり、
現状の転換.改革を計画し、
貯蓄に心がけます。

九紫は南にあたり、離宮ですから別離と考え、
火星は輝くことからから名誉とします。

以上で、 1万分の1をお伝えしたところです。

一つ一つの星の象意をみると、
初級でも1つの星で8~10時間くらいは勉強します。

自分の星を勉強するだけでも、違いますね。

でも、結局、最初は自分の星だけと言っていた人も、
廻座運や傾斜、同会、金運、仕事運、恋愛運、出世運、
家庭運をみる時にすべての星を知っていないと
深い鑑定ができないので結局1つの星を知ると、
ほぼ全員の方が全部の星のことを知りたいっておっしゃいますね。

九星気学は奥深くて、ホラリー九星術が出来たら
道具なしでどこでもサラッと断易や算命学に
匹敵する占いが出来てしまうんです。

※ホラリー九星術は九星気学の鑑定が
普通にできる事が受講要件となります。

タロットは半年くらい練習すれば、
それなりにできるようになってきますが、
気学は、吉方取りを自分でもやってみて、
さらにニュースで事件などがあれば、
それで占って長い付き合いの元、
仮説と検証をする必要があります。

ホラリー九星術ができれば、
名前も誕生日もわからなくても
発表日時だけで、詳しく鑑定できます。

ホラリー九星術まで行かなくても、
陰陽五行を使った姓名判断でもかなり占えます。

それから、週末、どこに出かけようか迷ったら、
吉方位を知っていれば、買い物、ランチ、
カフェにいくだけで吉方取りができてしまいます。

次回は、易と気学についてですが、その次は廻座運のことをお伝えしながら、すべての星の2018年の運勢をみていきますので楽しみにお待ちいただければと思います。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

メールマガジン
この記事を書いている人 - WRITER -
月森 由奈
年間3000人の鑑定を元に、鑑定データを整理。 タロット占い、 九星気学、ホラリー九星術、周易を教える講師として、経営者様、起業を目指す方に売上をUP風水コンサルティングを行なっております。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA