九星気学、タロット占い、易経を活用した成功法則とお金も愛も手に入れる通信講座の数々

分かっちゃいるけど止められない理由を脳科学的に解説!

月森 由奈
WRITER
この記事を書いている人 - WRITER -
月森 由奈
年間3000人の鑑定を元に、鑑定データを整理。 タロット占い、 九星気学、ホラリー九星術、周易を教える講師として、経営者様、起業を目指す方に売上をUP風水コンサルティングを行なっております。

こんにちは、月森です。

今回は、

「分かっちゃいるけど止められない理由を脳科学的に解説!」

という事で脳科学シリーズ行きます。

私たちの誰もが甘い誘惑に勝てないワケ

「分かっちゃいるのに止められない」

という誘惑は沢山あります。

たとえば、ダイエット中なのに
焼き鳥を焼く良い匂いがしたら
私だったら完全にノックアウトされます。

女性だったらスイーツの誘惑にはだいたい負けませんか?

男性なら綺麗な女の子からの誘惑には負けませんか?

実は、こうなってしまう原因は
数万年前から変わらない
原始的な脳があるからです。

人間の脳は三層構造になっています。

脳幹(原始脳)

一番奥に脳幹というのがあります。

脳幹は爬虫類、ミミズまで持っています。

ここでは体に血液を流して体温を一定化させる機能を司ります。

具体的には、

 

・食べたモノを消化させる
・排泄する
・心臓から血液を全身に送る
・寒ければ鳥肌が立って暑ければ汗を出す

という生命活動全部を
脳幹という脳の一番奥がしている訳です。

どの辺にあるかというと
大体耳の穴の一番奥の方、
真ん中の鼻と耳の穴を結んだ
真ん中辺あたりにあります。

脳幹は、脳全体の1/3~1/4位の大きさがあります。

ここで全部の身体機能をしているんですね。

大脳辺縁系(感情脳)

 

その上に大脳辺縁系といって
脳の本体があります。

これは感情をほとんどコントロールしています。

大脳新皮質(論理脳)

その上に新皮質と言って
我々の知性の脳が乗っているんですが、
実は知性の脳は赤ちゃんの時に
お母さんのお腹の中で出来てこないんです。

それは色んな理由があって、
産道を通れなくなっちゃうという
理由もあるでしょう。

だから人間の赤ちゃんだけは
1年未熟で生まれてくるんです。

ライオンでも馬でも生まれて
すぐ立ち上がりますけど、
赤ちゃんは立ち上がるまで
1年かかります。

大脳の一番上の新皮質が
身体の全部の神経細胞を
結んでいないので、
寝返りも打てないわけです。

そうすると人間の体と感情は、
人間の古い脳で一番最初に作られている脳で、
そこに全部の記憶も感情もあるんですが、
その上にある新皮質という
理屈の脳と分離されている訳です。

だから、頭ではダメって分かってても
やめられないという事が往々にして起こります。

たとえば、
タバコは体に悪いと分かっていても
止められないとか。

もっと言うと、
好きになっちゃいけないけど
好きになるっていう不倫なんかそうですね。

例えば一番いい例が、
高血圧だけど、ラーメンが好きとか
糖尿病だけど甘いものが止められないとか。

やっぱりどうしても
やっちゃいけないけど、
やめられないというのが出て来る訳です。

時々これ以上食べたら
ダメだよって言われても、
死んでもいいから食べたい
という事がある訳じゃないですか。

つまり感情と理性が合わないわけです。

ところが、心の本体はいつも
本物の感情の自分と結びついているんです。

理性というのは本当は
感情と必ず結びついています。

いつの間にか安全地帯がない人ほど、
感情と理性がバラバラになってくる訳です。

だから頭の中では
ダメって分かってても、
たばこを吸い始める。

ダメって分かっても
不倫をしてしまう..

朝早く起きれば三文の得と
分かっていながら
いつまでも寝ている。

などと言う風に理性と
感情と行動のバランスが
壊れて行く訳ですね。

理性と感情が壊れるから
人を見た場合に、困るんです。

この人は喜ぶと思ってやった事が、
実は迷惑な場合がある訳じゃないですか。

ストーカーがそうですね。

表の現象の見方も
自分の感情と理性が分離されると、
表の見方も全部判断誤っていく。

チグハグになります。

そこなんです。

 

 

自分が「我(が)」

相手が「他(た)」

向こうが「彼(ひ)」

ここにあるのが「此(し)」

→我他彼此(がたぴし)

 

ヒガンとシガン。

向こうとこっち(彼此)。

私とあなた(我他)。

「我(が)」と「他(た)」。

これがめちゃくちゃになるから、
「が、た、ぴ、し」って言うんです。

ガタピシするって言うのは、
仏教の言葉で自分と相手が
ガタガタして「ガタガタ」になる訳です。

こちらと向こうの立場を間違えてるから
「ピシピシ」しますよね?

一緒にして「ガタピシ」。

バランスが狂っている訳です。

このバランスが崩れているのは、
生命を司る原始脳と感情の脳と、
知性の脳が崩れている訳です。

だから人生ガタつきますよね。

メールマガジン
この記事を書いている人 - WRITER -
月森 由奈
年間3000人の鑑定を元に、鑑定データを整理。 タロット占い、 九星気学、ホラリー九星術、周易を教える講師として、経営者様、起業を目指す方に売上をUP風水コンサルティングを行なっております。

Comment

  1. アバター 金岩誠 より:

    いつもありがとうございます。
    是非もう一度気学を勉強してみたいと思います。

    • 月森 由奈 月森 由奈 より:

      金岩さん

      ありがとうございます。

      ぜひ、基礎から復習してみてくださいね。

      気学を実践すると、
      運命は変えられると
      ポジティブになりますし、
      運気が上がり、チャンスを
      掴みやすくなります。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA