九星気学、タロット占い、易経を活用した成功法則とお金も愛も手に入れる通信講座の数々

2020年代にトレンドが来る?占い師の年収と不労所得になる方法を解説

月森 由奈
WRITER
この記事を書いている人 - WRITER -
月森 由奈
年間3000人の鑑定を元に、鑑定データを整理。 タロット占い、 九星気学、ホラリー九星術、周易を教える講師として、経営者様、起業を目指す方に売上をUP風水コンサルティングを行なっております。

月森です、以前もお話ししましたが、今回も占い師の年収についてお話ししていこうと思います。

また年収だけではなく、将来性はどうなのか、と言う点についても色々と語っていきますので、占い師を長く続けたいなと思う人は読んでみてくださいね!

◎占い師の年収のおさらい◎

占い師としての年収はどれほどなのだろう?

とまだ以前の記事を読んでいない人のために

『占い師の年収はズバリいくら?占い師で生計を立てる3ステップ』

の記事からおさらいをしていきます。

合わせてコチラも読んでみてくださいね!

実際に占い師としての年収として、多い金額帯が200〜300万円程度だと言われています。

占い師全体の平均年収としては340万円程度だそうです。(雇われ占い師の場合)

平成28年度の女性の正社員の平均年収が280万円となっているので、それよりも多めの金額となっているのが分かります。

また、法務省の統計からいうと沖縄県の年収中央値が331万円なので、ほぼ沖縄県民の年収と同じくらいの年収です。

東京都でいうと20代の平均年収と同等程度です。

民間給与実態統計調査結果によると年収300万円を稼ぐ男性が約532万人で女性が290万人、男女合わせると約558万人程度という人数になっています。

500万人を超える人数は他の年収階層では見ることが出来ず、300万円という年収がスタンダードの現在、占い師の年収は平均よりやや多めだと言えます。

さらに占い師の年収、月収などはどういった方法で働いているかなどにもより、増減していくものです。

例えば、本当に稼いでいる人気占い師さんですと年収が1,000万円を超える人も中にはいます。

こういった方は、自分で店舗を構えて対面で鑑定などをされている場合やスクールの経営者が多いのです。

要するに起業家、自営業として立派に成功されている占い師さんというわけです。

次に月収20〜50万円以上という占い師さんが多いのは、団体や会社に所属している占い師さんだと言われています。

固定の月収、または固定の月収プラス歩合給(インセンティブ)で働いているのと同じです。

会社員で営業マンと同じタイプなのがこのタイプの占い師さんで、おおよそ300〜600万円程の年収が見込まれています。

個人的に占い師として活躍されている方々は年収に開きがあります。

・家計のために少しだけ働きたいと、扶養内控除を受けられる金額で働く主婦の方やママさん。
・お小遣い稼ぎや、空いた時間の有効活用のためで副業的に占い師をしている方。

こうした方々は年収100万円前後という場合も多いです。

先程お話しした1,000万〜5000万円超の占い師さんとの幅もあるために占い師の年収は大体340万円ほどとなっています。

◎占い師の将来性は?◎

占い師の年収については詳しくお話ししましたが、ここからは占い師の将来性についてお話ししようと思います。

占い師の仕事を成功させるためには、さまざまな勉強、的中率を上げる技術、お客様に伝わる説得力や話術が必要になってきます。
これらを身に付けることは容易ではありませんが、占い師として場数をこなしたり、占い師の先輩や師匠の話を聞いたり、イベントに参加してみることで上達していきます。

技術などは必要ですが、資格は特に必要ありませんし、必ずしも霊感などが必要なわけでもありません。

なので、どの占い師さんでも平等にステップアップできるのです。

また将来性としては、

・対面占いなどで店舗を構える
・電話占いなどの会社を設立して、人を雇う立場になる
・占い師として雑誌や本の記事を書く
・タレント占い師になる
・カウンセリングのできる占い師になる
・プラスアルファのある個性的な占い師になる
・有名人や会社の重役などのお抱え占い師になる
・資産運用を併用する

などなど選べる道はさまざまで、
稼ごうと思えば天井がないのでかなり有望です。

さらに、定年退職もない職業なので自分が健康な限りは稼ぎ続ける事ができ、老後の生活においても安心できるでしょう。

あとは新規のお客様の獲得のためにSNSやブログを駆使して口コミを広めたり、お客様がリピートして頂けるように接客態度や話術を見直したりといった努力をしておけば、安定していつまでも占い師という仕事を続けれいられるのは大きなメリットなのではないでしょうか?

◎まとめ◎

占い師の年収は、占い方法や、占い師のスタイルによって年収が変わってきますが、現代のスタンダードな年収よりも少しお高め。

しかも、時間も場所も自由で定年退職もなく、選べる道もかなり多いので収入は上を見たらキリがなく将来性がバツグンのお仕事と言えます!

ただし、努力や勉強もそれなりに必要なので心構えはしておいた方が良いでしょう。

もし今後占い師を始めたいと思う方は、今の自分の年収と見比べてみると良いかもしれません。

また今現在占い師をしている方も、占い師の平均年収と比較して今後の展開を考えたり、目標を立てて達成させるための参考にしてみてくださいね。

私が運営するコミュニティでは、

・資産運用しながら長期的に不労所得が可能なモデル

もライブQ&Aでお伝えしています。

占い師で資産運用を組み合わせて年収が数千万になりたい、意識の高い人のみご参加下さい。

(楽してお金が入ってくる宝くじのような方法ではありませんが、資産運用額によっては5年で不労所得になります)

メールマガジン
この記事を書いている人 - WRITER -
月森 由奈
年間3000人の鑑定を元に、鑑定データを整理。 タロット占い、 九星気学、ホラリー九星術、周易を教える講師として、経営者様、起業を目指す方に売上をUP風水コンサルティングを行なっております。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA