九星気学、タロット占い、易経を活用した成功法則とお金も愛も手に入れる通信講座の数々

稼げる占い師になるには霊感が必須って本当?その真実をシェアします

月森 由奈
WRITER
この記事を書いている人 - WRITER -
月森 由奈
年間3000人の鑑定を元に、鑑定データを整理。 タロット占い、 九星気学、ホラリー九星術、周易を教える講師として、経営者様、起業を目指す方に売上をUP風水コンサルティングを行なっております。

月森です、

最近..

「霊感ないと稼げないんですか?」

という質問が増えてきたので、
実際どうなのかシェアします。

霊感さえあれば人気占い師の座につけるという思い込みは危険

これから占い師を目指す方や、今現在すでに占い師をやり始めているけどなかなか軌道に乗らない・上手くいかない、なんていうあなた。

もしかしたら

「霊感があれば人気占い師になって稼げるかも!」

と思っていませんか?

残念ながらそうではありません。

霊感や霊能力を持っている人全員が必ずしも売れっ子の占い師になっているでしょうか?

答えは

「NO」

ですね。

なので、特殊なチカラがあれば稼げる占い師になれるというのはイコールではないのです。

では占い師に霊感は要らないの?

と言われれば、必ずしも

「要りません」

とは言えないでしょう。

と、いうのもお客様の中には

「霊視で占ってもらいたい!」

とおっしゃる方が少なくないからです。

けれど..

「それって霊的な能力なの?」

と思うような鑑定結果が出て、
お客様が不満に感じるという事も
少なくはないと思います。

特に西洋占星術や四柱推命など生年月日を用いた占術や、タロットカードや易などその場で結果を出す占術、手相や人相など外側から見えるその人そのもので状況や運勢などを占う占術。

これらそれぞれ、またはこれらを組み合わせた占いというものは霊感や霊能力などの持つ不思議な力よりも的中率が高く、霊視などよりも信頼される場合も多いです。

また、的中率というのは本当に重要で、
もし今現在

・お客様が少ない
・待機時間ばかり
・売り上げが伸びない

などの悩みがあるのだとしたら、

「霊感や霊能力」

よりも

「的中率」

を上げる方法を勉強してみてはいかがでしょうか?

そして稼げる占い師になる方法などでもお伝えしましたが、
お客様に上手く伝える方法について振り返ってみて、
自分は上手くできているかどうかを確認してみましょう。

この2点を再確認して、自分の占術を極めていけば不思議なチカラよりもずっと「どうして分かったんですか!?」というような占い師になることが簡単です。

それでも「いいえ!私は霊感を身に付けてみせる!」とおっしゃるのなら、それも良いでしょう。
ただし、霊感を持っている占い師さんでもお客様に嫌われたり、不満を持たれてしまう場合も少なくありませんので気を付けて下さい。

◎嫌われてしまう霊能力アリの占い師とは?◎

その1.あまりにもスピリチュアルが過ぎる

本当に的中率が高く、雰囲気もそれっぽい方であればまだしも、そんなに評価が驚くほど高い訳でもなく「まぁ、そこそこ」といった感じの占い師さんなのに

「○○大天使を守護に持つ」

「○○の神、○○の化身」

「聖人○○の生まれ変わり」

と言われても今ひとつピンとこないというか、

「うーん…?」

となってしまいますよね。

胡散臭さだけが先行してしまう占い師はNGです。

また「運命の出会いはいつ頃ですか?」のような質問に対して

「あなたのご先祖様からの…」

「色情因縁を消さないと出会いは有りませんね」

などとスピリチュアルな話の方が長くなってしまって、肝心の質問内容について少ししか触れないなどというのも、お客様の不満、クレームの元に繋がってしまっています。

お客様のニーズに応えられる占い師でなければ霊感があっても意味はないのです。

2.すぐにグッズの販売に走ってしまう

霊感のある人気占い師さんが開運グッズなどを販売し、それがとても売れているのを見て憧れ、自分も!とグッズの販売に走るのはやめましょう。

例え、自分に霊感・霊能力があったとしてもまだ大して知名度や人気もないのにグッズの販売に走ろうとすると在庫を抱えることになります。

またどんな物品を販売するにしても小ロットのものは原価が高くなってしまうのです。

これではリスクがほぼゼロで始められる占い師という職業にも関わらず、自らリスクを負うことになってしまいます。

さらにグッズが売れなかった場合の金銭的負担が掛かるというリスクも高いので注意しましょう。

さらにはこうしたグッズをお客様に勧めるにも、かなりの営業努力が必要になります。

押し付けがましい、買うように強要すると犯罪行為として取られる場合もあるので間違っても「前世のトラウマを解放するにはコレを買ってください」などと言わないように。

グッズを取り扱う場合は細心の注意を。

このように、例えどんなに素晴らしい霊感や霊能力があったとしても、お客様に不安や不満を感じさせているのならば占い師としては失格です。

その2.には購入の強要など極端な例も登場しましたが、残念ながらそういう事案もゼロではありません。

占い師になりたい、稼ぎたいという気持ちの焦りから「占いは誰かを安心させること」という初心を忘れてしまう日がくるかもしれないのです。

きっとここを読んでいるあなたなら、霊感などなくても、しっかりとお客様を思いやり、さまざまな技術を学び、稼げる占い師を目指して頑張っている、または頑張っていける方々だと思います。

まとめとして、霊感は必須ではありません。

必須であるのは的中率とお客様への伝え方、そして学ぼうという向上心なのです。
本当に大切なことは何か、自分に足らないものは何かを見つけましょう。

メールマガジン
この記事を書いている人 - WRITER -
月森 由奈
年間3000人の鑑定を元に、鑑定データを整理。 タロット占い、 九星気学、ホラリー九星術、周易を教える講師として、経営者様、起業を目指す方に売上をUP風水コンサルティングを行なっております。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA