九星気学、タロット占い、易経を活用した成功法則とお金も愛も手に入れる通信講座の数々

九星気学の初歩!上司との相性をチェックしつつ自分を売り込もう

月森 由奈
WRITER
この記事を書いている人 - WRITER -
月森 由奈
年間3000人の鑑定を元に、鑑定データを整理。 タロット占い、 九星気学、ホラリー九星術、周易を教える講師として、経営者様、起業を目指す方に売上をUP風水コンサルティングを行なっております。

 

◎上司との関係で、九星気学初心者がおちいりがちなこと

占いの中でも、相性を占うことができるジャンルは人気があります。
というよりも、多くのお客様はさまざまな相性の問題で占いを利用されるケースが圧倒的多数です。
これは、現代社会において人間関係の占める部分が非常に重要であることを示している一例かもしれません。

特に、仕事の関係上重要になり、パワハラ・モラハラ・セクハラといった問題が起こりやすいのが上司関係です。
部下としては非常に気を遣うところですが、ここが上手くいっていると仕事がはかどりますし、出世にも影響してきます。

そこで、上司との相性を気にして占いを希望するお客様も多いのですが、肝心なポイントはそこではなかったりします。

◎上司との相性占いを深く読み解くには

せっかく相性占いとして九星気学を用いるなら、単純に相性の問題だけを占ってもらうだけではもったいない話です。
肝心なのは、九星気学上、その上司がどのような「適性」や「特徴」を持っているのかを紐解くことです。

仮に相性が良かったとしても、その方に「部下育成能力」がなければ、かなり振り回されてしまうかもしれません。
また、自分で積極的に動くタイプの上司なら、肝心な時に意見を聞けなくなるリスクもあります。
単純な自分との相性だけを知っていても、自分の中で多少好感度が変わるだけで、現実的な行動に落とし込めないという問題に直面するのです。

そのため、言ってしまえば上司自身も知らない「人となり」を、事前に理解しておくことが大切になります。

上司がどのような適性を持ち、本質的にどのような特徴を持っている人間なのか、大枠をとらえるのに九星気学は役に立ちます。
それを前提条件として、上司の人間性を洗い出すのです。

◎あなたに見えていることが全ての始まり

こうして、占いで上司の言わば「基本情報」を確認してから、占い師は本題に入ります。
それは、その会社において「自分がどうなりたいのか」をはっきりさせておくことです。
自分主体で考えなければ、良い方向に物事が進みません。

仲良く無難に仕事をしたいのであれば、上司がどのようなことを喜ぶのか、基本適性を知ることで対策を立てられるでしょう。
また、上司の評価基準について知っているのなら、最短距離で評価を受ける方法を検討することも可能です。
職種にもよりますが、ガイドラインに沿って評価するタイプなのか、好き嫌いが激しいタイプなのか、イエスマンなのかなどを知ることで、人間関係の要点が押さえられます。

ここまでお話してお分かりかと思いますが、占いの情報を活用するためには、あなた自身が「取材」をしておく必要があります。
といっても、会社の内情を自分なりに把握し、自分が社内でどう振舞えるかを検討できるレベルで十分です。
しっかり事前に調査し、自分にできることをすれば、相性が良ければあれよあれよという間に出世することも夢ではありません。

反対に、あまりにお勤めの会社とカラーが違うなら、転職を視野にいれつつ行動することも一つの方法です。

九星気学を実践するためには、いつでも「あなたに見えている風景」がスタートなのです。

◎相性は、自分のことも含めて読み解くと関係性が変わる

よく、欠点が目立って他人を好きになれないと話す方がいます。
しかし、それは自分の写し鏡になっているケースが多いようです。
心理学の用語では「シャドウ」などと呼ばれ、自分の見たくない一面を相手を通して見せられる、つまり嫌いな自分を見ているのです。

このような傾向は誰にでも存在し、仕事を一度で覚えられない人に苛立ちを感じている人は、逆に自分がそうなることを恐れている可能性があります。
そのため、上司との関係性に悩んだ場合、自分と同じ状況で悩んでいなかったかどうかをイメージすることも、一つのアプローチになります。

自分が置かれている状況を客観視するには、外から見た目線を得るための情報が必要です。
九星気学は、学ぶことによって第三者的な目線を手に入れられるツールでもあるのです。

 

メールマガジン
この記事を書いている人 - WRITER -
月森 由奈
年間3000人の鑑定を元に、鑑定データを整理。 タロット占い、 九星気学、ホラリー九星術、周易を教える講師として、経営者様、起業を目指す方に売上をUP風水コンサルティングを行なっております。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です